病気や事故に負けず幸せな生活を

治療

舌がんとは

がん大国の日本で舌がんは患者数が多いがんではありませんが、口腔に発生するがんでは最も多いがんとなります。95%以上が舌の側縁に発生します。

口腔内の不衛生が原因といわれ、喫煙者が舌がんとなるリスクは禁煙者の3倍と言われています。

舌がんにかかり初期の段階では、口腔内に傷みを感じたり凍みたりする等違和感を感じることがあります。しかし、軽い傷みのため口内炎と勘違いし、がんとは気付かないかもしれません。舌の外観にも症状が現れます。見た目は患者によって様々ですが、舌にしこりができたり、表面に白い厚皮がはったような状態(白板症)となります。がんの場合は舌の側縁がギザギザなのに対し、口内炎は縁がきれいで周囲を触っても硬くありません。また、口内炎は数週間で自然に治るので、数週間以上治らない場合にはがんの恐れがあるでしょう。

腎がんとは

腎臓には色々な腫瘍が発生しますが、ほとんどの腫瘍が良性の腎嚢胞です。

尿をつくる部分にできる悪性腫瘍のことを腎がんと呼び、10万人当たり男性で7人、女性で3人ほど発生すると言われています。高齢の男性が発症することが多く、加齢に伴って発生頻度が高まる癌です。

腎臓は体の表面から深いところに位置するため、早期の段階では自覚症状はありません。脇腹から腰にかけての痛み、血尿、おなかやわき腹のしこりが現れるころには、既に進行がんとなっていることが多いです。また、血尿は目では確認できない程度のものも存在します。

前立腺がんの症状

前立腺がんの初期段階では特に自覚症状は現れません。

前立腺がんが大きくなると、排尿の回数が増えたり、尿が出にくかったり、血尿、排尿時に痛みを伴うことがあります。これ以上に進行した場合には、前立腺がんが骨に移転し腰痛等の症状が出ることもあります。

前立腺がんを最も簡単に早期発見するには「PSA(ピーエスエー)検査」という採血による検査方法があります。PSAは前立腺から精液中に分泌されるタンパク質のひとつで、前立腺がんにかかると大量のPSAが血液中に流れ出します。また、前立腺は直腸と接している為、肛門から指で触診する「直腸内触診」も行われることがあります。これらは前立腺がんの可能性を見つけるための検査なので、陽性が出た場合には、前立腺組織を採取して検査する「前立腺生検」で確定診断をする必要があります。

糖尿病とは

糖尿病になると、インスリンと呼ばれるホルモンの作用が低下します。インスリンは細胞が血液の中からブドウ糖を取り込みエネルギーとして利用する助けをしてるので、インスリンの作用が低下すると、ブドウ糖(血糖)を上手く利用できなくなり血液中のブトウ糖(血糖)が多くなってしまいます。

糖尿病で一番怖いのは合併症です。失明など目の病気や腎臓の病気になり透析が必要になることが起こり得ます。

糖尿病には大きく分けて「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2種類があります。

「1型糖尿病」は、すい臓からインスリンが全く分泌されない状態である為、体外からインスリンを入れなければならず、インスリン注射が欠かせません。年齢に関係なく発症します。

糖尿病患者の10人に9人が「2型糖尿病」です。成人に多い糖尿病です。肥満や運動不足等をきっかけに発症し、よく「生活習慣が悪かったので発症した」と呼ばれるタイプは2型となります。

高血圧の原因

高血圧とは、血圧が慢性的に正常値よりも高い状態であることです。合併症が怖い病気と言われています。日本の高血圧患者は40歳以上の約2人に1人にのぼり、まさに国民病であると言えます。

高血圧を放っておくと、動脈硬化(血管が弾力を失ったり血管の内側が狭くなる状態)を起こし、やがて脳や心臓の血管障害である脳卒中や心臓病などの病気を引き起こします。また、血圧が高いと腎臓にも大きな負担がかかるため、慢性の腎臓病を起こす可能性もあります。

高血圧は、様々な要因によって発生します。代表的な原因は、食生活によるもの(食塩の過剰摂取、肥満など)や喫煙、ストレスです。

血圧測定器によって簡単にチェックできるため、高血圧は自覚しやすい病気だと言えます。血圧が高めであると自覚したのであれば、早めに医療機関に相談しましょう。

糖尿病の治療

糖尿病にかかってしまった時、一番怖いのは合併症です。糖尿病になったら必ず合併症になる訳ではありません。適切な治療を受けることによって防ぐことができます。

糖尿病の代表的な治療方法は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。

「食事療法」では身体活動量に見合った食事をするように指示を受けます。栄養の偏りや過剰摂取に気をつけましょう。糖尿病患者には肥満の方が多いことは事実なので、「運動療法」では運動不足を解消しダイエットをすることができます。合併症を持つ方の場合には、症状を悪化させてしまう事もありますので、必ず医者の指示に従ってください。症状の状態によっては、「薬物療法」として血糖値を下げる薬を処方されることもあるでしょう。

心臓病・狭心症とは

狭心症とは、冠動脈の血流が不足することにより、発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす心臓の病気です。安静にしていると治ることがほとんどですが、繰り返すことがあれば、「ニトログリセリン」などの投薬によって発作を抑えることもあります。

狭心症には、安定型と不安定型があります。安定型は、毎回発症する状況や傷みが似ており、例えば、運動をすると発症し、少し休むと症状が治まるようなタイプです。不安定型は、症状のパターンが変化する狭心症のことです。以前は問題なかった軽い運動や安静時・睡眠時に発作が起きることがあります。不安定型の患者は、心筋梗塞へ進行するリスクが高いため、注意する必要があります。

心臓病を予防するには、普段から食生活に気をつけ、喫煙者は禁煙することが大切です。

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の症状が現れた場合には、皮膚科に行くのが一般的です。

円形脱毛症の症状を放置しても、特にストレスが原因で起こった場合には自然治癒すると言われていますが、円形脱毛症にかかり易い体質の場合は再発する可能性があります。自然治癒できるのは直径3cm程の小さな脱毛部分であり、6ヶ月程度で自然治癒することが多いです。しかし、自然放置すると症状が広がる場合もありますので、専門医に診断してもらうことが大切です。

治療には、内服薬の使用と外用薬の使用、ドライアイス・液体窒素治療、精神安定剤があります。最近では子供が円形脱毛症にかかるケースが増えています。ドライアイス・液体窒素治療は痛みを伴うため、子供への治療には向いていません。

子宮脱とは

骨盤底筋群の筋力が弱くなることにより、骨盤内にあるべき子宮が膣から脱出してくる疾患です。「骨盤臓器脱(性器脱)」と呼ばれる疾患の種類。老化現象のひとつです。

肥満、多産、高齢出産、大きな赤ちゃんを出産した方、便秘で強くいきんで排便している方などがかかるリスクが高いでしょう。症状の軽いものを含めるとお産の経験のある女性の2人に1人は子宮脱になると言われています。

軽度であればほぼ自覚症状はありませんが、症状が進んだ人は子宮が腟の外に飛び出ている状態が分かるようになります。また、尿道の位置がずれてしまうことがあり、その場合には、尿の出に変化が見えます。

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは、婦人科の腫瘍の中で最もポピュラーなもので、40歳の女性の4人に1人は子宮筋腫を持つといわれています。

良性の腫瘍のため、それ自体が命を脅かす存在であるわけではありません。腫瘍のサイズが大きくなると様々な症状を引き起こします。月経痛がひどい場合や出血量が多い、不正出血、膀胱の圧迫などの自覚症状が出ると治療を受けなければならないサインです。

更年期になると子宮筋腫は小さくなると言われているため、更年期が近い患者は投薬で治療します。投薬で治療ができない場合には、摘出手術が実施されます。

Pages