病気や事故に負けず幸せな生活を

損害保険と自動車保険について知りたい

あなたや家族の身体に生じた病気の治療にかかる費用を補償する保険には医療保険がありますが、第三者の身体や身体以外の大切なもの、例えば住宅や車に生じた被害を補償する保険を「損害保険(広告リンク有)」と呼び、略して損保(そんぽ)とも呼ばれます。

交通事故や火災、自然災害、盗難などがその一例です。

提携広告

 

 

例えば、自動車保険も損害保険の一つです。自動車事故の際、搭乗者、第三者賠償、車などに生じる損害に備える保険です。 全く事故を起こさない人にとって、自動車保険は毎年お金がかかるだけのものですが、万が一事故を起こしてしまった時にはあなたの安心感になります。入っていなければ、自腹で全てを支払うことになりどん底の生活を送ることになり得ます。

そこで考えることは、いかに保険料を安く抑えて良い条件の保険に入るか、ということです。保険料は、あなたの免許証の色や、車に乗る目的、年齢、運転歴、車の種類、地域などによって変わります。安いから、親から勧められたからと言って契約せず自分で納得するものを選びましょう。

当サイトでは、弁護士費用補償特約(広告リンク有)を付帯することお勧めします。万が一事故を起こした場合、相手側と話し合いをしなければならないとき、保険会社がその話し合いをあなたの代理で進めてくれます。事故を起こすと厄介な相手との話し合いに巻き込まれる可能性もあります。この特約を付けていれば弁護士さんへ交渉を依頼することができるため安心です。ちょっとした交通事故の賠償問題であれば、十分にまかなえる金額でしょう。

 

提携広告

 

 

 

また、交通事故で負った怪我の治療を受ける場合、健康保険で診療することができますが、自動車保険の保険金で診療することも可能です。自動車保険には、対人賠償保険や対物賠償保険をはじめとする相手(被害者)の為の補償や、自身の損害を補償する自損事故保険や人身傷害補償保険などの補償があります。 一方的に怪我を負わされた場合、自身が被害者となり、加害者の加入している自動車保険から、治療費などの損害賠償を受けることになりますので、被害者は医療費を立て替えることなく治療を受けることができます。

加害者が自動車保険に加入していない場合に使える「無保険車傷害保険(広告リンク有)」という保険も存在します。加害者が保険に加入していないと、十分な保険金は支払われません。加害者に資産があると補償してもらえますが、任意保険に未加入の人の多くは資産力がない場合がほとんどであると言えます。

無保険車傷害保険に加入していれば、加害者から受け取るべき賠償金を立て替えてくれるので安心です。

 

 

提携広告