病気や事故に負けず幸せな生活を

大腸の病気症状と治療方法

「がん」は日本の国民病といわれ、日本人の3人に1人ががんで死亡するという統計があります。その中でも、がんの部位別患者数をみると大腸がんが1位であり、患者数は毎年上昇傾向にあります。

以前は日本では少なかった大腸がんですが、近年の食生活の欧米化が増加の最大の要因と考えられています。高脂肪の食品や炭水化物の摂取が多く野菜や穀類を取らない人ほど大腸がんになるリスクが高くなりますので、気をつけなければなりません。

提携広告

 

 

大腸がんには直腸がん(便の出口に近い部分)と結腸がん(小腸から直腸の手前部分)があり、大腸がんとはこれらを総称した呼び方です。男女で比べると、結腸がんは特に差はありませんが、直腸がん(広告リンク有)の場合は圧倒的に男性の患者数が多いのが特徴です。

早期の大腸がんの場合自覚症状はほとんど無く、がんが広がるにつれて排便や腹部の状態に症状が現れます。詳しく言うと、血便・下痢や便秘・腹痛・腹部のしこり・腹部が張る等です。しかし、このような自覚症状が出た段階では、既に悪化し、肝臓や肺へ転移している可能性(広告リンク有)があると言われます。

早期に発見し適切な治療をすれば完治する大腸がんですから、定期的な検査を受けることが大切です。問診や検便で簡単に調べることができます。もし陽性の結果が出た場合には、内視鏡検査や直腸指診などの精密な検査が必要となります。大腸がんは40歳以上の人に多く見つかります。40歳以上の方は1年に1度検診を受けるようにしましょう。

 

提携広告

 

 

結腸がん(小腸から直腸の手前部分)とは、結腸に発生する癌の総称(広告リンク有)です。消化管システムは食道、胃、小腸そして大腸からなっていますが、大腸の最初の6フィート(約1.8m)を占めるのが結腸です。

結腸がんの初期に現れる症状と言えば、便通の異常、便中の出血、腹痛などがあります。自覚症状に気付きにくく、癌と診断される頃には、すでに進行がんになってることが多くあります。進行ステージにより内視鏡手術または手術治療が選択されます。

 

提携広告