病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。

また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

Test 3

結婚資金が足りずお困りですか?

ブライダルローンの人気ランキング・費用等

関連広告はこちら

 

 

Test 3

結婚資金が足りずお困りですか?

ブライダルローンの人気ランキング・費用等

関連広告はこちら

 

 

Test 2

スポンサー広告掲載

 

豪華商品が当たる懸賞

 

Test 1

スポンサー広告掲載

 

豪華商品が当たる懸賞

 

介護保険について知りたい

誰しもいつまでも健康で暮らしたいと希望すると思いますが、年を取ると寝たきりや認知症など介護が必要な状況になり、自分だけの力では暮らせなくなる可能性があります。

介護には多額の費用がかかります。いざあなたが介護が必要な身体になってしまうと、金銭面で家族に迷惑をかけてしまうことになります。家族の経済的、また心の負担を軽くするためにも、介護保険は必要なのです。

介護保険には、公的介護保険と民間介護保険があります。 公的介護保険とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことをいいます。平成12年にスタートしました。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。

介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態である要介護者として認定されなければなりません。

65歳以上は「第1号被保険者」となり介護の原因を問わず所定の要介護状態になった場合に保障を受けられます。40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。老化に起因する特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。

前立腺がんとは

前立腺は男性のみが持つ臓器で、精液の一部を作成しています。膀胱の下部に尿道を取り囲みように位置しています。大きさはクルミほどの大きさです。

以前は患者数が少なかった前立腺がんですが、近年増加の傾向にあります。2006年には前立腺がんと診断された人が年間約42,000人となり、2020年には78,000以上となることが予測されています。日本人の高齢化や食生活の欧米化、肥満が増加にある原因と考えられています。

前立腺は高齢の男性に多くみられるがんです。発症率は50歳以降から急激に増え、発症の平均年齢が70歳といわれています。

前立腺がんの初期段階では特に自覚症状は現れません。

前立腺がんが大きくなると、排尿の回数が増えたり、尿が出にくかったり、血尿、排尿時に痛みを伴うことがあります。これ以上に進行した場合には、前立腺がんが骨に移転し腰痛等の症状が出ることもあります。

舌がんとは

がん大国の日本で舌がんは患者数が多いがんではありませんが、口腔に発生するがんでは最も多いがんとなります。95%以上が舌の側縁に発生します。

口腔内の不衛生が原因といわれ、喫煙者が舌がんとなるリスクは禁煙者の3倍と言われています。

舌がんにかかり初期の段階では、口腔内に傷みを感じたり凍みたりする等違和感を感じることがあります。しかし、軽い傷みのため口内炎と勘違いし、がんとは気付かないかもしれません。舌の外観にも症状が現れます。見た目は患者によって様々ですが、舌にしこりができたり、表面に白い厚皮がはったような状態(白板症)となります。がんの場合は舌の側縁がギザギザなのに対し、口内炎は縁がきれいで周囲を触っても硬くありません。また、口内炎は数週間で自然に治るので、数週間以上治らない場合にはがんの恐れがあるでしょう。

前立腺がんの症状

前立腺がんの初期段階では特に自覚症状は現れません。

前立腺がんが大きくなると、排尿の回数が増えたり、尿が出にくかったり、血尿、排尿時に痛みを伴うことがあります。これ以上に進行した場合には、前立腺がんが骨に移転し腰痛等の症状が出ることもあります。

前立腺がんを最も簡単に早期発見するには「PSA(ピーエスエー)検査」という採血による検査方法があります。PSAは前立腺から精液中に分泌されるタンパク質のひとつで、前立腺がんにかかると大量のPSAが血液中に流れ出します。また、前立腺は直腸と接している為、肛門から指で触診する「直腸内触診」も行われることがあります。これらは前立腺がんの可能性を見つけるための検査なので、陽性が出た場合には、前立腺組織を採取して検査する「前立腺生検」で確定診断をする必要があります。

皮膚がんとは

皮膚がんの発生には、紫外線が最大の発生因子とされ、近年増加傾向になります。発生数は年間1,500人から2,000人程度で40歳代から増加します。皮膚の異常は直接目で見ることができるので、早期に発見できる可能性が高い癌です。また、早期に発見し治療を開始すれば、かなり高い確率で完治する癌です。

皮膚がんの種類には表皮がんと悪性黒色腫(メラノーマ)の2種類があります。メラノーマの方が悪性度が高く、転移しやすい皮膚がんです。メラノーマの色は黒っぽい色ですが、稀に肌色もしくは無色素性メラノーマもあります。爪の下にできることもあり、その場合には、黒いスジがあるように見えます。

皮膚がんと診断されると、手術による患部の切除、化学療法、放射線治療によって治療が行われます。

食道がんとは

食道は咽頭と胃の間にある長さ25cmほどのパイプ状の臓器です。食道がんはまず食道内面の粘膜の上皮から発生し、だんだんと粘膜下層、そしてその下の筋層へ広がります。

食道がんには2種類(扁平上皮がん・腺がん)あり、日本人の食道がん患者のほとんどが、食道内部の上皮にできる扁平上皮がんにかかっています。喫煙と飲酒が最大の原因で、ヘビースモーカーの人や大量に飲酒する人にかかりやすいと言われます。

日本を含めたアジア地域では扁平上皮がんが多く、欧米においては腺がんが多いのが特徴です。

食道がんになっても初期の段階では自覚症状が現れないことが多いため、健康診断などの検査で発見されるケースが多くあります。自覚症状がない段階で発見することができれば、比較的初期の段階である可能性が高いため、治る確率が高いと言えるでしょう。

食道がんが進行すると、のどや胸に痛みやしみる感覚を感じたり、飲み込む時につっかえる感じが現れます。食事量が減るため体重が減ることもあります。食道の周りには肺や期間、心臓、肝臓、胃など大切な臓器がありますので、がんが大きくなり食道の壁を貫くことがあれば胸や背中に痛みを感じることや激しい咳がでることがあります。

Pages